ヘルプが必要ですか?

以下にご質問をいただければ回答を得られます。

Revolutアカウント所有者が死亡した場合、どうなりますか?

親しい方が死別された際の対応は非常に難しいものです。だからこそ、Revolutはお客様へのサポート体制を万全にしております。次に行うべき手続きがわからない場合は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。下記の内容は法的なアドバイスではありませんので、このプロセスにおける相続等法律的なことに関しては、遺言や遺産相続に詳しい弁護士など、専門家の助けを借りることをお勧めします。

死亡の際の登録方法

死亡届を提出しなければならない時期は、故人が住んでいた司法管轄区によって異なります。管轄の登記所への死亡届の手続きに関する詳しい情報は、管轄の公式ウェブサイトをご参照ください。

死亡登録をするとどうなりますか?

死亡届を提出されると、関連する登記所から死亡証明書が発行されます。この証明書は、亡くなった方のRevolutアカウントなどに関するすべての手続きを行うために必要です。

連絡方法と必要な情報を教えてください

以下の方法でご連絡いただけます:

故人が住んでいた司法管轄区によって、お伺いする情報が異なる場合があります。その場合は弊社よりご連絡いたします。なお、必要な情報の大部分は以下の通りです。

故人の方の情報:

  • 氏名
  • 生年月日
  • Revolutアカウントにリンクされている電話番号とメールアドレス

代理人の方(あなた)の情報:

  • 正式な氏名
  • メールアドレス
  • 故人の方との関係

重要書類:

  • 身分証明書/パスポートの写し - 必ず書類の四隅がすべて見える高品質の写しを当社にお送りください。写しのスキャンは受け付けておりません。
  • 死亡証明書 - この証明書は一般に記録管理官が発行していますが、故人の居住地によっては暫定死亡証明書、検察医による証明書、および承認された翻訳を受けた海外の死亡証明書についても受け付け可能な場合があります。これについては、当社からの回答時に確認させていただきます。
  • 検認証明書または遺産管理承認書(または正式な相続人、もしくは故人の資産処理の権利を持つ者について明記した公式文書)- 検認証明書または遺産管理承認書は地域の検認登録所にて申請することができます。
  • 補償フォーム(こちらからダウンロードしていただけます)、または正当な相続人が署名した遺族フォーム
  • 委任状 - 弁護士が相続人の名義で資産を請求している場合などに、これが必要な場合があります。
  • 出生証明書や結婚証明書 - 場合によっては請求者について完全かつ適切に特定するために、これらを確認する必要があります。

今後について

必要な情報を受け取り次第、当社は以下の手順に進みます。

  • 自動引き落としや自動振替など、スケジュールされたすべての外部向け支払いの取消し
  • 故人にご利用いただいていた当社の有料サービスすべての取消し
  • 故人のRevolutカードの終了
  • マーケティングとサービスに関する資料のご案内をすべて停止
  • 遺族の相続人または弁護士への残高の送金を含め、財産の清算に必要なすべての事項をお知らせする

どれほどの時間がかかりますか?

お客様からフォームまたはメールを受領した時点から15日以内に、上記の住所にご連絡を差し上げます。状況の複雑さによりますが、残金がある場合はそれを引き出し、相続人または弁護士(該当する場合)の口座へ移動して、故人の口座を完全に解約するまでの手続きに数日から1年かかる場合があります。通常、当社はこれを適時に確認および解決することができますが、口座に未払いのローンがある場合、すべての関連文書を入手した後でのみ、口座を解約することができます。また、故人の資産に関する進行中の訴訟手続きがある場合は、このプロセスが遅延する可能性があります。 

株式、貴金属、または暗号通貨の資産はどうなりますか?

故人が購入した株式、貴金属、または暗号通貨はすべて清算され、不換紙幣による相当額が故人のアカウントのメイン残高に入金されます。Revolutはアカウントの閉鎖前にこの処理を行い、必要に応じてこの残高を相続人または代理人のアカウントに引き出します。

スマホでのサポートはありますか?

死別に関するご連絡はメールでのみ受け付けております。Revolutのお客様の場合、アプリ内チャットにて質問をお送りいただけますが、故人のアカウントの閉鎖手続きはメールにて対応いたします。